革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

電子書籍化に対して誤解を抱いて人の気持ちがわかる

ビル

私は電子書籍化と聞いて、そんな本を読む気持ちにはまるでならないと思いました。
食わず嫌いと同じ心理だったと思います。
最初からこの食べ物はまずいと決めつけて、食べないのと同じことを私は電子書籍化された本にしていたのだと思います。
電子書籍化のことを知りたいのならこちらをご覧ください。
実際、私のように食わず嫌い的なことをしている人は多いのではないでしょうか。
どうしても、本と言えば紙でできていて、指でページをめくるのが当たり前だと思っています。
電子書籍化が広がってきた今でも、そのように感じている人は多いのではないかと思います。
しかし、それは誤解なのです。
私も最初は、そんな誤解を抱いていました。
だからこそ、私のように誤解を抱いている人達の気持ちがとてもわかるのです。